乾燥肌に肌断食は危険!?乾燥肌に肌断食をおすすめしない3つの理由

美容

「肌断食って本当に乾燥肌にいいの?」

「肌断食をやれば化粧水をつけなくても乾燥しなくなるの?」

「肌断食は一時悪化するというが、そのまま続けてもいいの?」

とお悩みではないですか?

 

乾燥肌の人が肌断食をすると、もっと肌の状態が悪くなりますよ。

 

今回は、乾燥肌の改善に、肌断食をおすすめしない理由を3つご紹介します。

スポンサーリンク

肌断食は肌本来のチカラを取り戻す方法

肌断食は、もともと肌に何の問題もなかった人が、肌本来のチカラを取り戻そうとするものです。

過度なスキンケアや、生活習慣の乱れ、病気や薬などで、肌の状態が悪くなることがあるからです。

 

例えば、肌に合わない化粧品、睡眠不足、乱れた食生活、ストレスなどが原因で、肌の調子が悪くなる場合ってありますよね。

 

そんなときに、肌本来のチカラを取り戻そうとするのが、肌断食なんです。

なので、乾燥肌の改善を目的としたものではありません。

乾燥肌にはワセリンだけでは不十分

肌断食は、ぬるま湯だけで洗う水洗顔や、純石けんを使って洗顔します。

純石けんは、無添加で肌にやさしいとされています。

 

ですが、乾燥肌には、洗顔自体が好ましくありません。

乾燥肌には、ふきとり化粧水を使うなど、できるだけ洗顔の回数を減らすように工夫しましょう。

 

そして、肌断食は、スキンケアにワセリンを使います。

 

ワセリンは肌に浸透せず、肌の表面に膜を張って保護するだけです。

肌にうるおいを与えてくれるわけではありません。

 

なので、さすがに、ワセリンだけでは、乾燥肌の対策に不十分なのです。

保湿成分が配合された、化粧水、乳液、クリームなどを使いましょう。

肌断食は効果が出るまでに時間がかかる

肌断食は、効果が出るまでに時間がかかります。

その時間も人によって違います。

数ヶ月から数年という期間です。

 

その間、肌の状態が悪化することも考えられます。

つらい思いをしても、成功するかどうかさえ分かりません。

 

あなたは、そんな状態を長期間、ガマンすることはできますか?

 

まず、家族にも顔を見られるのが、いやになります。

そして、いつもマスクをつけていないと、落ち着かなくなります。

そのうち、外に出ることさえ、できなくなるかもしれませんね。

まとめ

乾燥肌の対策には、ふきとり化粧水などを使って、洗顔の回数を減らすようにしましょう。

さらに、保湿成分の入った化粧水、乳液、クリームなどでスキンケアすることをおすすめします。

それでもダメなら、病院へ行って、皮膚科の医師に相談してみましょう。

 

肌断食は、もともと肌に何のトラブルもなかった人が、過剰なスキンケアや生活習慣の乱れで、お肌の状態が悪くなってしまった場合に行うものです。

なので、乾燥肌の改善を目的としたものではありません。

 

なにより、効果が出るまでに、時間がかかります。

数ヶ月から数年というレベルで、ガマンして待つことになります。

 

ましてや、万人向きではないので、やってみないと成功するかどうか分かりません。

そんなリスクは犯したくないですよね。

 

肌断食を試してもいいのは、乾燥肌ではない、10代から20代前半の人です。

なにより、若いうちは肌を修復する機能が高いからです。

肌断食は医学的なデータに基づいているので、危険はないでしょう。

 

30代以上の人は、やめておいたほうがいいでしょう。

年齢とともに、肌の修復機能が落ちてきているからです。

 

乾燥肌の人は、肌断食をせずに、きちんとしたスキンケアをおすすめします。

コメント