ハロウィンで仮装する意味とは?知らないと損をする衣装代と買い方!

ハロウィン 仮装 画像

「ハロウィンで仮装してみない?」と友達に誘われたり、「子どもがハロウィンパーティーにお呼ばれして仮装させなきゃいけないの」とお困りではありませんか?

ハロウィンで仮装する意味を知らないと恥ずかしい思いをしたり、子どもたちに説明したりできないですよね。

なぜ日本で流行するようになったのか?

どこで衣装を買うのか?

その予算はいくらぐらいか?

どこへ行けば仮装した人たちが集まっているのか?

など、合わせて知っておきたい情報もまとめてみました。

これを読めば、あなたもさりげなく説明できるようになりますよ。

スポンサーリンク

ハロウィンで仮装する意味とは

ハロウィンで仮装する意味は、魔物から人間だと気づかれないようにするためです。

自分を魔物の仲間だとアピールして、悪霊や死者の霊の目をくらますのが目的です。

なぜなら、魔物や魔女は人間の魂を奪おうとするからです。

簡単にいえば、「魔除け」みたいなものとも言えますね。

では、いったい何に仮装するのでしょうか?

「魔物」、「魔女」、「幽霊」、「おばけ」、「ゾンビ」、「ドラキュラ」、「黒猫」、「コウモリ」、「かぼちゃ」が多いようです。

日本では、「ナース」や「警察官」、「セーラームーン」や「エヴァンゲリオン」のキャラクターのコスプレをしている人がいます。

これでは、魔物に人間だと気づかれてしまいますよね。(^_^;)

なぜ日本で流行するようになったのか

ハロウィンは数年前から日本でも大流行していますよね。

渋谷の街にコスプレをした人たちがたくさん集まっているようすをテレビのニュースで見かけます。

でも、なぜハロウィンが日本でこれほど流行するのようになったのでしょうか?

それは、東京ディズニーランドのイベントが始まりだったんです。

そして、東京ディズニーランドでハロウィンを知った人が、クリスマスやバレンタインと同じように商売のネタにしていったんですね。

「ハロウィン」イコール「仮装」というイメージも商業化の戦略ですよ。

いまでは、フェイスブックやツイッターなどのSNSで拡散して、仮装も「コスプレ」へと変化してしまっていますけどね。

みんな、SNSでいかに写真映えするかを競っているようですね。

衣装代にはいくらかかるのか

ハロウィンで仮装を楽しんでいる人たちは、衣装代にどのくらいのお金をかけているのでしょうか?

調べてみると、一番多かったのが、1000円未満です。

続いて2000円~3000円

そして、1000円から5000円です。

意外にも安いと思ったのは私だけでしょうか?

気合いが入っている人は、「手作りなので」と答えるかもしれませんね。

では、多くの人たちは、いったいどこでハロウィンの衣装を買っているのでしょうか?

ディスカウントショップならドン・キホーテ、100円ショップではダイソーの品揃えが豊富なんです。

ネットで買うなら王道のアマゾン楽天ですね。

お店でもネットでも、どちらも特設コーナーがありますよ。

仮装した人たちが集まる場所とは

テーマパーク遊園地繁華街に仮装した人たちが集まります。

テーマパークではイベントが開催されますし、繁華街ではパレードやパーティーが企画されています。

東京と大阪だけですが、仮装した人たちが集まる主な場所をあげてみました。

東京

渋谷、六本木、池袋、お台場、原宿表参道、吉祥寺、多摩センター

東京ディズニーランド、サンリオピューロランド、東京ドームシティ、よみうりランド

大阪

心斎橋、道頓堀、アメリカ村、グランフロント大阪、茶屋町、阪急うめだ本店

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ひらかたパーク、天王寺動物園

おわりに

ハロウィンの仮装の話題はいかがでしたか?

日本ではコスプレをして、街で羽目をはずしている若者が目立ちますよね。

渋谷ではDJポリスまで出動する騒ぎになっています。

なので、私は最初は否定的な考えでした。

でも、ハロウィンのおかげで、1年のうちで財布のひもが緩む日がまた1日増えたということで、少しでも日本の経済の活性化に役に立つことを願っています。

くれぐれも他人に迷惑をかけないようにハロウィンの仮装を楽しんでほしいものですね。

スポンサーリンク

フォローする