もう人目が気にならない!鏡が好きになる?顔のイボを治す3つの方法

顔イボ 画像 美容

顔のイボで悩んでいませんか?

 

「人目が気になる」

「鏡を見るのがイヤだ」

「うっかり、ひっかいてしまう」

 

そのままにしておくと、人目を避けるようになって、友達がいなくなるかもしれません。

積極的に新しい友達を作ることも、できないかもしれません。

ひどくなると、顔を見られるたびに、人に笑われているような気がして、外出できなくなるかもしれません。

 

長い人生、ずっと、そんな気持ちでいるのはイヤですよね。

 

でも、安心してください!

ちゃんと治療すれば、イボはキレイに取れますよ。

 

今回は、イボの一般的な治療法を3つご紹介します。

あなたも悩んでいないで、さっさと病院へ行っちゃいましょう。

皮膚科へGo! ですよ。

そして、人生を明るく変えましょう。

スポンサーリンク

顔にできるイボの原因は?

イボができる原因は、大きく分けると2つになります。

 

1つ目は、ウイルス性のイボです。

 

肌荒れ、乾燥、カミソリ負けや、傷からウイルスが感染してイボになります。

若い人は、まずウイルス性のイボを疑ってみましょう。

 

2つ目は、老人性のイボです。

 

歳を重ねた人にできるイボです。

長年浴びてきた紫外線が原因ではないかと言われています。

若いうちからの、紫外線対策は大事ですね。

昔からある液体窒素療法

イボの最も一般的な治療法は、液体窒素でイボを凍結する方法です。

このあと説明する、レーザー治療に比べて、医療費は安いです。

どこの皮膚科でも治療できます。

もちろん、健康保険は適用されますよ。

 

治療法は、綿棒に液体窒素をつけて、患部に塗るだけです。

スプレーで吹き付ける方法もあります。

 

チリチリと痛いですが、がまんできるレベルの痛さです。

 

治療後は、イボが凍傷になって、黒っぽく固まります。

患部に触らなければ、洗顔やスキンケアをしても大丈夫です。

 

イボは1週間から2週間で、ポロッと取れるか、縮んでなくなってしまいます。

凹んだりせず、きれいに取れますよ。

 

早い人で、その日の夜、寝ているときにイボが取れたという人もいます。

最近話題のレーザー治療

液体窒素よりも新しい治療法がレーザーでイボを焼く方法です。

でも、液体窒素の治療よりも医療費は高いです。

 

健康保険が適用される場合と、されない場合があります。

レーザーには設備が必要なので、治療できない病院もあります。

なので、診察を受ける前に確認しておきましょう。

 

レーザーは、治療の前に麻酔をします。

ですが、麻酔の注射が痛いので、麻酔をしない病院もあります。

なぜなら、麻酔をせずにレーザーを当てたほうがマシだと言う人がいるからです。

 

ちょっと、驚かせてしまいましたが、安心してください。

最近では麻酔テープというものがあります。

イボにテープを貼るだけで麻酔をするという方法です。

これなら、痛くありませんよね。

 

レーザー治療は、イボにレーザーを当てて焼いてしまいます。

なので、ジリジリと焼かれる匂いがします。

 

このとき、麻酔をしていないと、ビリビリする痛みを感じます。

でも、がまんできるレベルですよ。

 

患部に触らなければ、治療後に洗顔もメイクも大丈夫です。

 

治療後の患部は、火傷のため、水ぶくれになります。

1日から2日でかさぶたになります。

1週間から2週間でかさぶたが取れて、きれいに治ります。

飲み薬ならヨクイニン

イボに効く飲み薬としては、漢方薬のヨクイニンがあります。

主にウイルス性のイボ治療に使われます。

 

液体窒素やレーザーで治療して、あわせてヨクイニンを出す病院もあります。

ただし、イボ治療の専用の薬ではないので、人によっては効かない場合もあります。

 

ヨクイニンにはドラッグストアで買える市販薬もあります。

病院へ行く前に試してみたい場合は、お店で薬剤師に相談してくださいね。

まとめ

イボの原因には、ウイルス性のものがあるので、悩んでいないで、まずは病院で診察を受けましょう。

 

きっと、明るい未来が待ってますよ!

 

イボの治療には、液体窒素でイボを凍結する方法、レーザーでイボを焼く方法、そして、ヨクイニンという飲み薬で治す方法があります。

 

液体窒素もレーザーも多少の痛みをともないます。

でも、がまんできるレベルの痛みです。

怖がるほどではありませんよ。

 

ちなみに、身体にできたイボなら、ハサミで切る場合もあります。

これも痛そうですが、予想に反して痛くなかったりします。

 

最後に、イボの民間療法をご紹介します。

 

  • 木酢液を塗る
  • アロエを塗る
  • ナスのヘタをこすりつける

 

これらの方法に効果があるのか分かりません。

ちょっとでも痛いのがイヤだという人は、試してみてはいかがでしょうか?

コメント