隅田川花火大会2016の時間と打ち上げ場所は?会場へのアクセスも!

隅田川花火大会 画像

東京スカイツリー越しに見える隅田川の花火はオシャレですよね。

2016年の隅田川花火大会の日程と時間、打ち上げ場所や会場へのアクセスをまとめました。

スポンサーリンク

隅田川花火大会とは

隅田川花火大会は、東京都台東区墨田区の境を流れる隅田川の河川敷で行われる花火大会です。

毎年7月の最終土曜日に2つの会場に分かれて開催されます。

打ち上げ玉数は2会場合わせて約20,000発で、観客数約95万人です。

その起源は、1733年(亨保18年)の8代将軍・徳川吉宗の時代に、幕府が両国川開きの日に花火を打ち上げたこととされています。

伝統と格式ともに、関東随一の花火大会ですね。

第一会場では、大会の目玉でもある花火コンクールが行われます。

両国花火ゆかりの業者7社と、国内の代表的な花火大会で優秀な成績をおさめた業者3社を加えた、計10社が競い合います。

200発のさまざまな芸術作品が堪能できますよ。

日程と時間

第39回隅田川花火大会の開催日程と時間は次のとおりです。

【日程】 2016年7月30日(土)

【時間】 午後7時5分~午後8時30分

打ち上げ場所

第一会場

コンクール玉200発を含めて、約9,350発の花火が打ち上げられます。

台東区浅草墨田区向島の周辺で、桜橋の下流から言問橋の上流の間です。

第二会場

約10,650発の花火が打ち上げられます。

墨田区首都高速6号向島線の入口近くで、駒形橋の下流から厩橋の上流の間です。

会場へのアクセス

第一会場

東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩10分

東武スカイツリーライン 浅草駅 徒歩10分

第二会場

都営地下鉄大江戸線 蔵前駅 徒歩5分

都営地下鉄浅草線 蔵前駅 徒歩5分

東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩8分

JR総武線 浅草橋駅 徒歩12分

注意事項

観覧場所について

隅田川花火大会は都心で行われるため、座って見られる場所がほとんどありません。

歩きながら見ることになりますので、あらかじめ知っておいてくださいね。

ケガについて

花火の燃えカスや不発の花火が降ってくることがあります。

タオルやメガネなど、何か防ぐことができるグッズを持参することをおすすめします。

服装について

毎年、熱中症になる人が多いようです。

できるだけ、涼しい服装で行ってくださいね。

扇子が重宝しますよ。

トイレについて

仮設トイレが設置されますが、とても混み合います。

仮設トイレは当てにせず、事前に駅や公衆トイレで済ませておきましょう。

まとめ

会場周辺は大規模な交通規制が敷かれ、首都高速6号向島線は夕方から午後9時頃まで全面通行止になります。

それに加えて、駐車場もありません。

なので、できるだけクルマを控えて公共交通機関を利用しましょう。

電車を利用した場合、会場の最寄り駅に到着したときに帰りの切符を買っておくといいですよ。

スポンサーリンク

フォローする